コンテンツへスキップ

吉村益信 大ガラス

吉村益信の「大ガラス」
吉村益信の「大ガラス」

12月28日に野暮用で横浜に行ったので、横浜美術館に立ち寄りました。吉村益信の『大ガラス』というすごい存在感の作品が展示されていました。

もしかして、有名なあの方の『彼女の独身者によって・・・』のもじりかなと思って検索したら、やはり。

横浜美術館の2010年夏休み特別展示で公開された際の横浜美術館のサイトの解説によると

戦後日本の反芸術運動ネオ・ダダイズム・オーガナイザーズのメンバーであった吉村益信の≪大ガラス≫。この作品はダダの草分けマルセル・デュシャンの代表作が大きなガラス板を使っていたため、「大ガラス」と通称されていたのを日本語でもじっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です