コンテンツへスキップ

今日は世田谷美術館の『アンリ・ルソーから始まる 素朴派とアウトサイダーズの世界』展に行ってきました。世田谷美術館はひさしぶりですが、用賀駅から砧公園へのアプローチと自然あふれる砧公園で楽しむ人達を見るのはこの美術館に行く大きな楽しみです。

今回の展示では面白い作品が多く、世田谷美術館の『素朴派とアウトサイダーズ』のコレクションはすばらしいですね。今回の展覧会、もし私がルパン三世で1作品のみお持ち帰りするとしたら、クロアチアのイワン・ラツコヴィッチの『散在する村落』ですね。