疎開した40万冊の図書

1944年から1945年にかけて日比谷図書館の蔵書40万冊が戦渦を逃れるため疎開をした。そういうことがあったことは全然知りませんでしたが、『疎開した40万冊の図書』というタイトルで、この事実を映画化したものが東京都写真美術館で11/2(土)〜11/7(木)に上映されます。11/5(火)は休館日なので上映日が実質5日間の短い期間になりますが興味をひかれます。