観戦記

昔好きだった人と観戦していた。席はゴール裏だったが、座席がある訳ではなく、観客は横一列になって地面に直接座っていた。ゴール裏といってもサッカー専用競技場ではなく、ゴールからは遠かった。せっかく好きな人と見に来たのにここからではよく見えないと思った。それよりも、ゴール裏で横一列に並んで見ていたら、その人と見にきていたことがわかってしまうと焦った。

スマホにセットしておいたアラームが鳴った。夢。その人と一緒に並んで見ていられるという幸福感に包まれているところだったのに。

実際の試合はメインスタンド上段の席だったので、ゲームの展開がよく見えました。