コンテンツへスキップ

最近はなるべく本は地元の書店で買うようにしています。今日は以下の四冊を購入。

  • 会田誠 美しすぎる少女の乳房はなぜ大理石でできていないのか 幻冬舎
  • 池上彰 池上彰教授の東工大講義 世界編 文藝春秋
  • 清岡智比古 エキゾチック・パリ案内 平凡社新書
  • 中川右介 グレン・グールド 朝日新書

会田誠の本は新聞の広告でみて注文しておいた本。「池上彰教授の東工大講義」と「エキゾチック・パリ案内」は別の書店の店頭で見て購入しようと思っていた本。「グレン・グールド」は今日書店の新書コーナーで発見。

東京工業大学は理科系の大学ですが、学生が理科系からの視点でのみ物事を見るようにならないように文科系の中でも異色と呼ばれる人材を昔から教授として迎えています。池上彰は今年、東京工業大学のリベラルアーツセンターの教授として迎えられて、この本は東京工業大学での講義内容を本にしたもの。

「エキゾチック・パリ案内」はパリの「ユダヤ人街」「アラブ人街」「アフリカ人街」「アジア人街・インド人街」のそれぞれに1章ずつ割当てられています。

グールドは1982年の50歳の誕生日の2日後に襲われた脳卒中により意識を回復すること無く死亡。今年は没後30年、生誕80年にあたります。

この4冊、積読状態にならずに、すぐ読みそうです。