コンテンツへスキップ

「新書がこんなに厚くていいのですか」と思わずつっこみを入れたくなる小熊英二の『社会を変えるには』(講談社現代新書)。517頁もあります。読み始めましたが、まだ91頁。まあ、じっくり読みましょう。