コンテンツへスキップ

麺類はなんでも好きですが、何が一番好きかと聞かれたら、「そば」でしょうか。反対に苦手なのは豚骨スープのラーメン。ということで、福岡に行くことはあっても、博多ラーメンは滅多に食べません。ラーメン通には常識なのかもしれませんが、博多ラーメンの麺の固さ(茹で加減)に以下のようなグレードがあるのを今日初めて知りました。

バリヤワ→ヤワ→普通→カタ→バリカタ→ハリガネ→コナオトシ→ユゲドオシ

ハリガネは針金のような固さ、コナオトシ(粉落とし)は麺についている粉を落とす程度に湯に通す程の固さ。ここまでは、福岡伸一の著書「生命と記憶のパラドックス」の「ハリガネはお好き?」というタイトルの文章で知ったのですが、ユゲドオシ(湯気通し)についてはこのブログを参照下さい。