コンテンツへスキップ

2012年10月31日の朝日新聞夕刊の文化面美術欄のコラム海外通信によるとロンドンのTate Britainで約5年かけて150点以上が集められた大規模な「ラファエル前派—ビクトリア時代の前衛展」が開催中(2013年1月13日迄)だそうだ。この記事によると

英国でもラファエル前派は、中高年の女性に圧倒的に人気。有名・無名芸術家の作品が所狭しと並べられた会場は、詰めかけた女性たちで連日ごった返している。

ふ〜ん、そうなんだ。この展覧会、芸術新潮2012年11月号にも紹介されていて、ラファエル前派好きな私としては(行けないけど)行きた〜い。

ロンドン五輪のマラソン放送の際にマラソンコースがセント・ポール大聖堂に近づき「チャールズ皇太子と故ダイアナ元妃が結婚式を挙げた場所」と紹介されると、「大聖堂の奥に見えるテムズ川を渡る橋は21世紀を記念して造られたミレニアムビレッジで、その先には火力発電所の建物を再生した現代美術館Tate Modernが見えます。やはりテムズ川沿いにあるTate BritainとはTate Boatで行き来できます」と勝手に解説の続きを(声に出さず)つぶやいていたのですよね。

NHKの「水玉の女王草間彌生の全力疾走」で紹介されていた草間彌生の欧米巡回回顧展のロンドン会場はTate Modernで、今回のTate Britainの記事と続いて、『TATE 恋し』が募るのです。

リンク:私のブログより