モーリス・ドニ

昨日はブリヂストン美術館で開催されている『ドビュッシー、音楽と美術-印象派と象徴派のあいだで』に行ってきました。モーリス・ドニの作品が結構多く展示されていました。マネ、ゴーギャン、モーリス・ドニ、色彩を平面的に扱う作品が好きなのですよね。(色彩を平面的に扱うのは、浮世絵の影響といわれていますね)

とは言え、絵が好きな人でも、モーリス・ドニやナビ派の知名度は低いのではないでしょうか。