コンテンツへスキップ

そう言えば、北斎の『神奈川沖浪裏』がドビュッシーをインスパイアしたと読んだ事があったような。そう言えば、ニジンスキーへの興味から『牧神の午後への前奏曲』を知ったのも忘却の彼方に。

ブリヂストン美術館で開催(7/14〜10/14)される『ドビュッシー、音楽と美術-印象派と象徴派のあいだで』のサイトを見るとドビュッシーが美術、文学、舞台芸術と互いに影響しあっていたことが紹介されています。ラファエル前派のロセッティやバーン・ジョーンズの他にも個人的に好きなモーリス・ドニ、ホイッスラー、ヴラマンクの作品も展示されるようで、この展覧会ちょっと面白そう。