コンテンツへスキップ

恋文紋
恋文紋 by 江戸帖

Bunkamura ザ・ミュージアムで開催されている『フェルメールからのラブレター展』は今日が最終日ですが、ラブレターと言えば恋文紋って知っていますか。何度かこのブログでも紹介している『江戸帖』には一週間分のダイアリーの右下に家紋が紹介されているのですが、今週の家紋は恋文紋です。以下、『江戸帖』の恋文紋の解説です。

新しい紋のひとつで結び紋をデザインしている。なかでも恋文は結び紋に簪というなんとも家紋とは思えないほど艶っぽい意匠。見たものすべてを図案化する洒落っ気を感じさせる。