コンテンツへスキップ

世界遺産 ヴェネツィア展』が江戸東京博物館で開催されているのは都内のJR駅に『サン・マルコのライオン』を使ったポスターが貼ってあるので知っていたのですが、特に見に行こうとは思っていませんでした。展覧会のホームページも全然見ていませんでした。ところが、今日の朝日新聞の夕刊でカルパッチョ『二人の貴婦人』が来ていることを知りました。あらためて展覧会のホームページを覗いてみたらベッリーニの肖像画など他にも興味ある作品が来ているのですね。全くノーマークでした。これは必見ですね。カルパッチョの『二人の貴婦人』については、このブログでも《『コルティジャーネ』の謎》というタイトルで投稿しているのですが、誰も覚えていない(あるいは見ていない)だろうな。