コンテンツへスキップ

『翼の王国』今月号の「東京-物(tokyo-mon)」のtabe-monは、持ち帰り専門のおでん屋さん《人形町 おでん 美奈福》。一度このおでんを食べてから投稿しようと思いましたが、人形町に行く機会はすぐにはないので、まずは記事を要約します。

割烹着姿の女将、田村つねさんが煮込むおでんの出汁は創業以来57年の長きにわたってつぎ足したもの。ネタはすべて築地市場の場内から仕入れ、つねさんのおでんは庶民の味であるとともにプロの味です。一人前:こぶ2個、こんにゃく、はんぺん、焼きちくわ、ちくわぶ、たまご、さつま揚げ、しらたき、つみれ、ごぼう巻き、がんも、以上に加えホタテ貝で1,000円(たこを加えると1,050円)だそうです。もちろん、お好みで好きなもののみ選択も可です。

『翼の王国』にはすごくおいしそうなおでんの写真が載っています。

「東京-物(tokyo-mon)」今月号ではtabe-mon以外に、kagu-mon、kiru-monとして以下が紹介されています。