コンテンツへスキップ

『百年の孤独』を知ったのは10数年前に仕事で別府に行った際に、小料理店で食事をした時です。ガルシア・マルケスの小説『百年の孤独』に由来するその名前につられて飲んでみたのですが、洋酒のような香り・味わいに驚いたものです。それ以来、この「焼酎を超えた焼酎」が大好き。幸いな事に、よく行く飲食店で焼酎を多く置いてある店があるので、『百年の孤独』がある時には必ずのように注文してしまいます。

『百年の孤独』を製造している宮崎県の酒造メーカー黒木本店のサイトを見ると、製造している製品の記述は全くなく、酒造りや材料となる麦・芋へのこだわりに関する記述が中心なのです。これもすごい。