コンテンツへスキップ

Bunkamura ザ・ミュージアムで『シュテーデル美術館所蔵 フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展』が3月3日(木)〜5月22日(日)に開催されるようです。ドイツ・フランクフルトにあるシュテーデル美術館の改築工事に伴い、シュテーデル美術館の作品をまとめて(レンブラント、ルーベンス、ヤン・ブリューゲル、ハルスなどの画家の名作約95点)貸し出す事が実現したようです。

2006年に『シュテーデル美術館』を訪れた際は、フェルメールの《地理学者》が目当てで、他にどんな作品もあるかも知らなかったのですが、ボッティチェリ、ホルバイン、デューラー、ヤン・ファン・アイク・・・・等々、著名な画家の作品が多数展示されていました。私の好きなハンス・バルドゥング・グリーン、ルーカス・クラナッハ、20世紀の画家(ベックマン、キルヒナー、オットー・ディクス・・・)の作品も多くあり、さすがドイツと思いました。これらの作品は今回は来ないようなので、偶然ですが、昨年の11月に入手している『Stadelsches Kunstinstitut and Stadtische Galerie Frankfurt/M. (Museum Guides)』で『シュテーデル美術館』を再訪してみます。

展覧会の開催記念として『真珠の耳飾りの少女』がBunkamura ル・シネマで上映されるようです(3/5(土)〜3/25(金))。この映画はロードショー公開時見逃してしまったので今回は見に行こうと思っています。

2011年12月23日(金)〜2012年3月14日(水)には、『フェルメールからのラブレター展』と題する展覧会が開催され、《手紙を読む青衣の女》、《手紙を書く女》、《手紙を書く女と召使い》が来るようです。《手紙を読む青衣の女》は現在、アムステルダム国立美術館で当時の色を蘇らせる修復作業が行われており、この修復後、世界初公開とのことです。(この展覧会は関西と関東を巡回し、6月25日~10月16日は京都市美術館で開催されます)

《手紙を書く女》(ワシントン ナショナル・ギャラリー)はまだ見た事がないのですが、混むだろうな。