コンテンツへスキップ

最も好きな美術館に選ぶ人も多い東京都庭園美術館、この前行ったのはいつだったかな。もう少し暖かくなったら行こうかな。

東京都庭園美術館は朝香宮(あさかのみや)邸として1933年 に建てられた建物を美術館として公開したものです。朝香宮邸は1910年代から30年代にかけてフランスを中心にヨーロッパを席巻したアール・デコ様式にて造られています。美術館の名前が示すように建物は美しい公園に囲まれ、公園と建物と美術作品を合わせて楽しめます。今は『20世紀のポスター[タイポグラフィ]』(3/27迄)という展覧会が行われています。

東京都庭園美術館がアール・デコの美術館なら、アール・ヌーボー様式の美術館はブリュッセルのオルタ美術館。2000年にヨーロッパ選手権観戦でオランダー・ベルギーに行った時には時間がなくて訪問できませんでした。次にベルギーに行く機会には是非訪問してみたいと思っています。