コンテンツへスキップ

National Museum
東京国立博物館本館

トーハク(東京国立博物館)に行ってきました。本館リニューアル記念の特別公開ということで、光琳の風神雷神図屛風や北斎の冨嶽三十六景等の名品が展示されています。誰もが知っているそういう有名な作品は勿論ですが、普通に展示されているひとつひとつが本当に面白い。

ハンズオン体験コーナー
ハンズオン体験コーナー「北斎の冨士を作ろう!」

浮世絵は木版多色摺りという技法を使っていて、一枚の絵を完成させるために、色ごとに何枚もの版を使って絵や色を摺り重ねていきます。

ポストカード大の4色の樹脂版を使って、「北斎の冨士」を作るハンズオン体験コーナー「北斎の冨士を作ろう!」というのを行っていました

神奈川沖波裏
樹脂版4色刷りの神奈川沖波裏を作る

博物館を訪れていた外国人も多く参加していましたが、浮世絵が多色摺りでできている事を楽しみながら理解できたのではないでしょうか?

ところで、『見当をつける』とかで使う『見当』の語源って知っていますか?