コンテンツへスキップ

奈良時代に日本入ってきたレタスは長い間『ちしゃ』と呼ばれいたそうです。その語源は『乳草』で茎を切ると乳のような白い液体が出るからといわれているそうです。一方、レタスの語源はラテン語の「Lactuca」で、「牛乳」を意味する「Lac」から派生した言葉だそうです。

レタスチャーハンでも作ろうかな。