コンテンツへスキップ

パリ市立アル・サン・ピエール美術館にて3月24日(水)から来年の1月2日(日)まで「アール・ブリュット ジャポネ展」が開催されています。
アール・ブリュット(アウトサイダー・アート)とは美術の専門的な教育を受けていない人たちが自由な発想で手がけたアートのことです。
今回初めて知ったのですが、滋賀県社会福祉事業団の運営する「ボーダレス・アートミュージアムNO-MA」というミュージアムがあり、このNO-MAの協力のもと63名の日本人作家の作品が展示されているそうです。

残念ながら、この期間中にパリに行くことは多分なさそうですが、面白そう。

リンク: