コンテンツへスキップ

ウィーン美術史美術館のユディット
ウィーン美術史美術館のユディット
シュトゥットガルト州立美術館のユディット
シュトゥットガルト州立美術館のユディット

2008年6月にウィーン美術史美術館を訪れた際、ルーカス・クラナッハのユディットを見ました。

ルーカス・クラナッハのユディットを知ったのは多分、澁澤龍彦の『幻想の肖像』によると思います。

最近『幻想の肖像』に紹介されている絵がどこにあるかを調べていたら、『幻想の肖像』のユディットはウィーン美術史美術館ではなく、シュトゥットガルト州立美術館所蔵とあります。

ちょっと見ると、全く同じように見えますが・・・。

ふたつのユディット?謎は深まるばかりです。

よくよく調べてみると、クラナッハには同じ題材に対し、多くのバリュエーションがあるケースがあるようです。例えば5月のロンドン旅行の際、ナショナルギャラリーで『Cupid complaining to Venus』という絵を見ましたが、蜂蜜を得る為に蜂の巣を盗もうとして、蜂に刺されるキューピッドと、クラナッハ独特の肢体をくねらせたヴィーナスをテーマとした絵は多くのバリュエーションがあるようです。

蜂に刺されるキューピッドとヴィーナスのバリュエーション