コンテンツへスキップ

前から一度逢いたいと思っていた『忘れえぬ女(ひと)』に逢いに行きました。

イワン・クラムニスコイの『忘れえぬ女(ひと)』はトレチャコフ美術館の至宝で、Bunkamura ザ・ミュージアムで開催中の『忘れえぬロシア(国立トレチャコフ美術館展)』の目玉作品です。開館時間が延長される金曜日の夜(5/16)に逢ってきました。原題は『見知らぬ女』ですが、誰が名づけたか、日本では『忘れえぬ女(ひと)』と呼ばれています。

芸術新潮6月号の「《忘れえぬ女》身辺調査」という記事には、『Bunkamura ザ・ミュージアムの学芸員、宮澤政男氏によれば、「昨年ドイツで開かれた開かれた展覧会にも出品されましたが、やはり大人気で、この作品の前には、いつも人だかりができていました。国籍を問わず、だれもが彼女の魅力ある表情に普遍的な美を見出すのかもしれません。”ロシアのモナリザ”と呼ばれるのも、そうした理由からだと思います」』とあります。

Bunkamura ザ・ミュージアムでは『奇想の王国 だまし絵展』(6/13-8/16)、『ベルギー幻想美術館』(9/3-10/25)と僕好みの企画展が連続し、今からとても楽しみです。

ミュージアムショップで売っていたクリアファイルを撮ったもの
ミュージアムショップで売っていたクリアファイルを撮ったもの
bunkamuraの美術書店ナディッフに寄ったらアルチンボルトの絵がしおりになっていた。4枚のしおりを並べて撮ったもの。
bunkamuraの美術書店ナディッフに寄ったらアルチンボルトの絵がしおりになっていた。4枚のしおりを並べて撮ったもの。