コンテンツへスキップ

ウィーンの世紀末建築めぐり その2 郵便貯金局

ウィーン郵便貯金局 建築家オットー・ヴァーグナーの代表作。1904年から1906...

ウィーン郵便貯金局 建築家オットー・ヴァーグナーの代表作。1904年から1906年(第1期)、1910年から1912年(第2期)に建てられたのこと。実用的でかつ芸術的、今から100年程前に立てられたとは信じられない。当時の人にとってはどんなにモダンだったことか。

IMG_0370.JPG
郵便貯金局のファサード(前面)。手前の芝生の所には白い花と葉を刈ってサッカーボール型にしてありました。

IMG_0371.JPG
外壁は大理石の板で覆われ、細かいアルミの鋲が装飾を兼ねて大理石の下の鉄筋コンクリートに留めています。

IMG_0375.JPG
屋根には巨大なアルミニウムの天使像が。

IMG_0372.JPG
郵便貯金局内部の郵便窓口ホール。明るく美しい。

IMG_0373.JPG
勿論、今も実際に使われています。手前柱の所にある茶色の机と椅子のフォルムも美しい。

100年前ですよ。本当に信じ難い美しさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です