コンテンツへスキップ

昨日の昼食は美術史美術館の中にあるカフェでとりました。 カフェの床の模様がとても...

昨日の昼食は美術史美術館の中にあるカフェでとりました。

IMG_0346.JPG

カフェの床の模様がとてもおしゃれ。

言葉の問題がある日本人にとって、美術館のカフェやレストランはお勧め。
理由は
・メニューに現地の言葉に並べて英語の説明もついている
・リーズナブルな値段
・結構おいしい
・中に入って雰囲気やメニューを確認してから利用するか決められる
といったところでしょうか。

ただ、美術史美術館のカフェでは例えば「カラバッジョサラダ」という風に
いくつかのメニューに画家の名前が付けられていてどんな内容なのか
説明もありませんでした。

オーダーすればあるいは得意の「Destroyed English」を使ってどこが
カラバッジョか聞けば良かったかも。

「ヨーロッパではバイク(自転車)を電車内に持ち込めるところが多い」と書き始めたが...

「ヨーロッパではバイク(自転車)を電車内に持ち込めるところが多い」と書き始めたが、そんなに多くの国に行ったわけでない。自転車王国のオランダは勿論可だが、ポルトガルでも車両の外に自転車マークが描いてあった電車があった気がする。今日はウィーンの地下鉄の乗り換え駅で自転車軍団がどっと降りてきた。

車が来ないのに小さい横断歩道でも赤信号をきちんと守って止まっている人が多い気がす...

車が来ないのに小さい横断歩道でも赤信号をきちんと守って止まっている人が多い気がする。
ウィーン人気質なのか、私の偏見か、ウィーン滞在1日で判断してはダメか。

オラニエ(Oranje)はオランダの王室の名前。オラニエは英語でいうとOrang...

オラニエ(Oranje)はオランダの王室の名前。オラニエは英語でいうとOrangeになります。ということでオランダのナショナルカラーはオレンジです。
日韓W杯の時はオランダはヨーロッパでの地域予選を勝ち上がれなかった為におしゃれで大会をエンジョイするオランダサポーターを日韓両国民は知ることができませんでした。
日本ではレプリカユニフォームで応援する人が多いですが、オランダサポーターは自前のオレンジ色のアイテムを上手に着こなして応援する人も多いのです。
試合のない日は女性ならスカーフや靴等にオレンジ色のアイテムを使い開催国の文化を楽しみます。
オランダは順々決勝で敗退してしまったため、準決勝のみ観戦する私は素敵なオランダサポーターを今回は見れません。もし勝ち上がっていたら、美術館でも街中でも多くのオレンジと遭遇した筈なのですが。

デジカメを持ってきたのに画像をPCに取り込むケーブルもデジカメの記憶媒体を直接読...

デジカメを持ってきたのに画像をPCに取り込むケーブルもデジカメの記憶媒体を直接読み込むカードも忘れました。
ということで今回撮影した拙い画像は日本に帰ってからアップします。

日本の美術館でも週1回は夜遅くまで開館している美術館が増えてきました。金曜日をそ...

日本の美術館でも週1回は夜遅くまで開館している美術館が増えてきました。金曜日をそのように設定して美術館が多いようです。
ウィーンでは木曜日をそのように設定してところが多いようです。昨年行ったベルリンの美術館も木曜日をそうしているところがあったと記憶しています。
今回は木曜日はEuro2008の準決勝を見に行くので、この制度を有効活用できません。
残念。

今日は美術史美術館に行きました。 ...

今日は美術史美術館に行きました。

IMG_0342.JPG

IMG_0341.JPG
滞在しているホテルが近いので会館時間前に着きました。入口前で会館を待っている所です。

おめあてはフェルメールの「絵画芸術」ですが、この絵は8月に日本に来ますね。

IMG_0353_R.JPG

フェルメールの作品は画集を見ると実際より大きく感じます。この「絵画芸術」も実際に対面すると意外と小さいです。

IMG_0349.JPG

会館直後にも拘らず、フェルメールの「絵画芸術」の前もあっという間に人だかり。前のほうで子ども達のグループが引率者の解説を聞いています。先を越された、この作品目当ての日本人はグループが去るのを待っています。それでも日本に来た時に予想される人ごみを考えれば雲泥の差です。

その他にも有名な作品が沢山ありますから。Wikipediaの「美術史美術館」(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8E%E8%A1%93%E5%8F%B2%E7%BE%8E%E8%A1%93%E9%A4%A8)を参照してください。

幸運な事に「アルチンボルド」の特別展が開かれていていました。
IMG_0343.JPG
美術史美術館のサイトで確認すると当初の開催期間が延長されたようです。そもそも「アルチンボルド」の作品を実際見るのは初めてです。

ところで旅のガイドブックによると美術史美術館はヨーロッパ3大美術館だそうです。残りのふたつはどこか書いてありませんが、ネットで検索するとパリのルーブル美術館とマドリードのプラド美術館のようです。
大英博物館、エルミタージュ美術館、ウフィツィ美術館 は3大の中には入らないのでしょうか?
えらそうな事を書いていますが、マドリードにもロンドンにもサンクトペテルブルクにも行ったことがありません。
唯一パリには行っていますがルーブルには行けませんでした。